Urban Architecture Planning Partnership
           
















  『北中山の児童福祉施設(あいの実クランベリー)』



はじめに

 仙台市泉区に建つ複合用途建築物で、児童福祉施設(放課後等デイサービス)にその拠点事務所、住宅を併設したものです。

 放課後等デイサービスは、2012年に児童福祉法で定められた新しい事業で、学校外で集団生活を行う機会や、障がいのあるお子さんをもつ家庭を支えるために設けられ、放課後や休暇中に通うことができる施設です。


 
お施主様のあいの実さんは、福祉施設然としたものではなく、明るく開かれた、利用者さんが通いたくなるおしゃれで家のような施設を!ということで私たちに設計を依頼されました。

外観

<前面道路からの外観>

一般的には、駐車場を道路沿いに、建物を敷地奥に設けますが、ここではあえて前面道路沿いに建物を配置して、まちなみを形成しています。道行く人に、この施設が<何の施設なのかわからない>ということがないように配慮しました




2階の木仕上げの部分が住宅、1階は4周に下屋を設けて道路沿いが事務所、写真の手前側が将来的に地域に開くことも想定した研修室、裏側の緑地帯の前を子供たちが放課後等デイサービスにしています。

アプローチ



福祉施設なので、ストレッチャーや車いすの出入りがあり、当然バリアフリーが求められます。
木造にもかかわらす、福祉施設にありがちな仰々しいスロープがないことにお気づきでしょうか。

決して中部に段差があったりするわけではなく、建物の周りをウッドデッキにすることで、うまく技術的に処理しています。このことが、お客様が望む<福祉施設然としない>ことにも一役を買っています。

建物をぐるりと囲むウッドデッキは、子供たちの憩いの場、父兄の方たちがコーヒーでも飲める場、スタッフの休憩の場など面する部屋によって様々に使えます。


1階は事務所用の玄関(写真左)と、放課後デイサービス用(写真右)の玄関があります。

玄関

事務所用の玄関は、大きな介護設備などの搬入を考慮して、木製の親子扉としています。



放課後デイサービス用の玄関は木製の吊引き戸です。大きいですが容易に開け閉めできるようにしています。


休憩室

こどもたちが過ごす部屋です。

天井を見上げて過ごすことが多いお子さんたちなので、天井に照明をつけて直接光源が目に入ることがないように間接照明としました。

また極力シンプルに天井をつくることで不安を感じないようにつくりました。




外にはウッドデッキがフラットにつながっており、晴れた日は外で過ごすこともできます。。


利用者用トイレ
限られたスペースのなか、ストレッチャーや車いすの出入りがゆとりをもってできるように、コーナーでL字に扉が閉じる引き戸をつくりました。

右奥は利用者用の浴室です。
福祉施設の特殊浴室は暗いイメージがあったので光が入る明るい浴室にしました。

事務室
道路に面して作られた事務スペース

事務室は道路に面しており、どのような活動をしている施設なのか地域の人たちにわかってもらうことを考えました。


理事長室

理事長室は、上階の住居部分との境界にあります。全体を見渡せ、天井高さのある開放的な執務空間としました。
研修室





もっとも明るく、まちに開かれた研修室です。
父兄の方たちの憩いの場であり、勉強会やセミナーを行える会議室のような場所でもあります。
仕上げは、木毛セメント板です。
高い吸音性能を持つので、上階の住宅への音の伝達をやわらげてくれます。






夜景





体の不自由なお子さんたちをサポートするあいの実さんの活動は、これから社会的な重要度を増していきます。
そのような福祉施設が地域と接点を持てるような、どういう活動をしている施設なのか認識できるような施設を目指しました。